継続学習制度とは?

 継続学習制度(以下「CPDS」Continuing Professional Development System の略)は、一般社団法人 全国土木施工管理技士会連合会(JCM)が運営する、「CPDS加入者が土木施工に関する講習会などに参加した場合に、そうした学習の記録を残し必要により学習履歴を証明するシステム」です。「土木施工管理/CPDS(継続的専門能力啓発システム)」もしくは、「継続教育」という言い方をする場合もあります。
CPDSの目的は、技術者が講習会などの自己研鑚の活動を通じて、国民の福祉に役立つ良質な目的物を創造するために必要となる技術力と資質の向上を図ることにあります。

継続学習制度(CPDS)については、以下に説明しておりますので、ご確認ください。

◇CPDSって何?

◇CPDSに関する一般的な注意事項とQ&A

◇申請されている学習プログラムはどんなものがあるか?

◇Web-CPDSって何?

 

より詳しくはこちらをクリックしてください。(一般社団法人 全国土木施工管理技士会連合会のサイトにリンク)

 

現場技術土木施工管理技士会は、(一社)全国土木施工管理技士会連合会(JCM)の傘下団体として、当会会員の皆様にJCMが運営しているCPDSの啓蒙活動を実施しております。また、当会に入会すると、このCPDSを会員価格で利用できるようになります。→入会案内